清水拓さん

[会社員]

Shimizu Taku

  • 受講コース:受験
  • スタート時期:

私はコーヒーの会社でビバレッジやフードの商品開発の仕事をしているのですが、ある新業態の店舗向けにワインをつくることになりました。自社ブランドと親和性のある、ワインの造り手とお店のスタッフとお客様が繋がれるようなワインをと。

早速サーチをし、幸運にもそんな思いに共感して下さるパートナーを見つけることができました。ナパバレーにワイナリーを持つ著名な醸造家と名だたるワイナリーに葡萄を下ろしている名門ヴィンヤードのキーパーソンです。彼らのワイン造りへの熱い想いや、ワインの魅力に触れれば触れるほど、自分もしっかり知識をつけて、対等に話ができるようになりたいと感じるようになりました。ソムリエを志すようになったのはそのような経緯からです。

レコール・デュ・バンを選んだのは単に通勤経路にスクールがあったからなのですが、そこでの塩入先生との出会いは衝撃でした。分厚いソムリエ教本を噛み砕き、重要やポイントを整理し、優先付けて、シンプルに伝える講義はもはや芸術レベル。また、数多くの生徒の1人でしかない私にまで気をかけて頂き、最後の最後まで伴走して頂きました。私のつくったワインを飲むために、わざわざご来店頂いたこともありました!そう、本気で応援してくださるのです。自ら態度で示し、深い愛情を持って本気で接すれば、人はついて行くものなのですね。私も気がつけばワインの魅力にどっぷり浸かっていましたし、面食らう程の大量の暗記や、テイスティングの勉強も、なんとか乗り越えことができました。

今、ソムリエバッチを手に、臆することなく資格取得に挑戦し、最後まで諦めずにやり遂げることが出来て本当に良かったなと思います。ソムリエになれたことで、これから出会うワイン(や他の全ての飲み物)にもっと寄り添うことができますし、その先にある新たな人との出会いがより豊かなものになるのですから。

ソムリエ受験資格を有する方、ソムリエになりましょう。ワインを愛好する方、ワインエキスパートになりましょう。その方が絶対人生が豊かになります。そして迷わずレコール・デュ・バンを選んで下さい。後悔はないはずです。

- Other voice - 同じ講座の他の受講生の声

  • 水村聖一さん

  • 久保慎治さん

  • 佐々木麻世さん

  • 八藤まなみさん

  • 関秀和さん

  • 水谷和則さん

  • 田中亜希子さん

  • 堀文乃さん

  • 露口粧子さん

  • 町田俊敬さん

Loading...